葬儀と告別式の違いはあるの?

葬式、葬儀、告別式と、通夜の翌日の昼間に行うお別れの儀式にはさまざまな言い方があります。葬儀とは、死者をこの世からあの世へ送り出すための儀式で、仏式の場合の一般的な流れでいうと僧侶が読経を呼んでいるときのことをいいます。通夜でも僧侶が読経を読むときは葬儀の儀式となります。告別式は、故人の友人や仕事関係、近隣の人たちが参列する社会的なお別れの儀式のことをいいます。告別式では、参列者は焼香や献花をして、故人と最後の別れをします。

しかし近代では、この二つのお別れの儀式を同時に行うケースが多く、斎場でも葬儀、告別式と書かれていることが多いでしょう。遺族は大切な人が亡くなったことで精神的にも体力的にも限界になっていますが、この流れで儀式が終わります。同時進行することで時間の短縮を図ることができるので、このケースが一般的になりつつあります。仏式の場合は僧侶が読経を読んでいる間に、喪主、遺族、親戚といった順で焼香をします。参列者が多く、焼香に時間がかかる場合は読経も長くなりますが、こうして葬儀と告別式を同時に行うことで、短時間でその双方を終わらすことができます。

通夜の場合は急な訃報の連絡のこともあり、仕事帰りにそのままの服装で参列することもできます。できるだけ赤や派手な色合いのスタイルは避けたいところですが、通夜ではどんな服装でもよしとされています。葬儀、告別式では、男性は白シャツ、黒ネクタイ、女性は黒のスーツまたはワンピースにどちらも黒い靴が一般的で、メイクも薄目を心がけます。通夜と葬儀、告別式の両方に参列する場合は、香典は葬儀、告別式の際に、通夜のみの参列の場合はそのときに渡します。故人の思い出の品やまんじゅうなどのお淋し見舞いを渡すこともあります。また仕事関係の場合は、喪主や遺族に挨拶をする際に名刺を渡すこともあります。その他は、通夜、葬儀、告別式ともに数珠やハンカチ、ふくさなどを用意して、とくに葬儀、告別式には時間に遅れないように余裕をもって斎場に行きます。